パンフレット新規ご依頼の流れ

各種印刷物、コミュニケーションツールはその種類によって、全体の流れなどが若干異なります。
ここではパンフレットを新規ご依頼いただいたケースでの流れをご説明します。

お問い合わせ
当サイトのお問い合わせフォーム、もしくはお電話でご依頼ください。
お見積もりや内容のご確認については、まずはメールなどでご連絡させていただきます。
お打ち合わせ、ヒアリング
まずは直接お会いしてのヒアリングを行います。(お客様のご都合、当事務所の混み具合、もしくは遠方からのご依頼などにより、まずはお電話・メールでご希望内容をヒアリングさせていただくケースもございます。)
お客様がお考えのイメージ、コンセプト、ターゲットイメージなどをお聞きかせください。ご一緒にデザインコンセプトを考察させていただきます。
ご希望パンフレットの主な使用目的や、デザイン制作だけなのか?印刷も含めたご依頼なのか?などについてもご確認させていただきます。
企画概要、お見積り提出
ヒアリングに沿ったコンセプトと企画概要(簡単なページネイション)をご提示差し上げます。その際、概算での制作及び印刷費用のお見積もりをご提示させていただきます。ご提案内容をご検討いただき、最終的な仕様をご検討いただきます。
ご依頼いただきます案件の規模にもよりますが、弊社と初めてのお取引になる場合、ご契約時に前受金として制作費の半金をお納めいただきます。また印刷を含むご発注の場合は、更に印刷出稿のタイミングで制作費残金と印刷代の両方をお振り込み頂きまして、弊社での確認が取れてから、印刷に取り掛かる事とさせていただいております。(その他、お支払い条件など、詳しいことは弊社までご相談ください。)
(ここからは、ご契約をいただいてからの作業となります)
コンセプト決定、原稿などご依頼
本格的な作成ステップに入ります。お打ち合わせの上、コンセプト・仕様を決定させ、パンフレットページ構成案を制作いたします。その上で必要な原稿、写真など資料ご依頼をさせていただきます。ライター(取材・原稿)、カメラマン(写真撮影)、印刷業者を必要に応じて手配していきますので、ご協力をお願いいたします。
デザイン制作、原稿ブラッシュアップ
デザイン制作に入ります。表紙のデザイン案、中ページのイメージをプリントでご提示差し上げます。(素材の集まるペースにもよりますが、複数回にまたがってご提示さしあげる場合がございます。)デザインの決定、原稿のブラッシュアップ、必要に応じて写真撮影なども行っていきます。
印刷入稿・校正

プリントベースで校了後、印刷入稿用データに整理を行い、印刷工程へ出稿いたします。文字や写真などの変更は、基本的にはこの時点で出来ないとお考えください。印刷業者より校正刷り(試し刷り)が提出されますので、ここで最終的なチェックをお願い致します。(校正刷りは基本的に本紙校正ですが、ご予算、制作部数、スケジュールなどによってはご了解をいただき簡易校正とるケースがございます。最終的な仕上がりとは若干異なる場合がございますので、予めご了承ください。)。

完成、ご納品
校正紙でご確認いただき、校了となりましたらいよいよ印刷です。梱包形態、納入先などにご希望がある場合は、事前にお申し出ください。
お気軽にお問い合わせください